さて今回はW650シリーズです。

頻度としては少ないかもしれませんが、W650のフロントフォークの取り外し方について説明をしていきます。

フロントフォークを取り外す事で、フロントフォークのオイル交換フロントフォークのオーバーホールなどの整備が可能になります。

フロントフォーク自体の取り外しはネジを緩めるだけな簡単な作業です。
こういった分解作業は、自分のW650の様子を見る事もでき、消耗品などの交換時期なども確認できるので、是非とも挑戦してみてください。

まずは前回紹介した、フロントホイールを取り外す必要があります。
以下の記事を確認してまずはフロントホイールを取り外しましょう。

フロントフォーク取り外し

フロントホイールの取り外しが出来たら、フロントフォークの取り外しに取り掛かります。

まずはフロントフォークの取り外しをする前に、周辺の部品を取り外しておく必要があります。

先に取り外す必要があるのは、フロントブレーキとヘッドライトです。
この2つはフロントフォークに取り付けているため、先に取り外す必要がある部品です。

フロントブレーキ取り外し

まずはフロントブレーキから取り外していきましょう。
フロントフォークに六角ボルトで取り付けてあるので、サイズ12スパナ、もしくはメガネレンチを使用して取り外します。

ポイント

スパナだと六角ボルトの頭を舐める可能性があるので、メガネレンチをお勧めします。

取り外したフロントブレーキはブレーキホースで吊り下げられる状態になり、ブレーキホースに負担が掛かり破損する可能性があるため、フロントブレーキを袋に入れてどこかに縛り付けておきましょう。

ヘッドライト取り外し

私のヘッドライト一式は純正品では無く、DIYで製作したものなので参考になら無いので注意してください。
ヘッドライトを取り外さないとフロントフォークが取り外せないのは純正も同じです。

パッキンとカバーを取り外す

フロントフォークのステム下側にゴミ除けのカバーとパッキンがあります。
こちらもフロントフォークを抜く際に邪魔になるので、上にずらしておきましょう。

フロントフォーク固定ボルトを緩める

フロントフォークは計4箇所の六角穴付きボルトで固定されています。
いずれも、六角レンチを使用しますが、六角レンチのサイズが2種類あるので注意します。

注意!!

ここの六角穴付きボルトを外してしまうと、フロントフォークがステムから抜け落ちる可能性があるので注意してください。

フロントフォーク取り外し

後はそのまま下にフロントフォークを抜けば取り外す事ができます。

ポイント

フロントフォークが抜けない場合は、回しながら下方向に力を入れると抜きやすくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はフロントフォークの取り外し方について紹介しました。

フロントフォークの取り外し方を覚えると、自分でフロントフォークのオイル交換が可能になります。

お店にフロントフォークのオイル交換を依頼すると、工賃だけで12000円ほど掛かるのでかなりの節約になります。

知り合いのバイク屋さんに聞いたのですが、フロントフォークのオイル交換の工賃はなぜこれほど高いのかを尋ねたところ、フロントフォークの取り外しと取り付けに手間がかかるからだそうです。
バイク屋さんも仕事ですから、時間当たりの工賃となっているとのこと。

フロントフォークの取り外しは、特別な工具は必要が無いため、時間さえかけてやれば誰でもDIYすることは可能です。

みなさんも是非挑戦して、愛車の愛着度をUPさせてみましょう!

それでは!!